鍼灸師を目指すなら専門的に学ぼう!鍼灸師の専門学校を初心者にも分かりやすく解説

当サイトは鍼灸師を目指す場合におすすめできる専門的に学べて、鍼灸のプロを目指せる専門学校に関する情報を初心者にも分かりやすく解説しています。
これから鍼灸を学べる教育機関を選ぼうと考えているのなら、ぜひ参考にしてみてください。
鍼灸を学べる学校で教わることには、どのような内容があるのか知りたい人にもおすすめです。
そして鍼灸の学校では実技指導もおこなわれているので将来は東洋医学で人を癒したい人に向いています。

鍼灸師を目指すなら専門的に学ぼう!鍼灸師の専門学校を初心者にも分かりやすく解説

副作用が少ないため、幅広い人たちにニーズがある鍼灸治療をおこなう鍼灸師の仕事に関心がある初心者は多いのではないでしょうか。
鍼灸師として人に治療をするのなら、専門学校に通って学ぶのがおすすめです。
鍼灸師になるにははり師ときゅう師の国家資格を取得しなければなりません。
この試験を受験するには鍼灸師の養成学校に通う必要があります。
専門学校の中には美容やスポーツに特化した鍼灸のコースが用意されているところもあるので、目的に合わせて選べます。

鍼灸師になるにはどうすればいいの?専門学校以外の方法は?

鍼灸師になるには、定められた養成施設で3年以上教育を受けることが最低条件となっています。
というか、この教育を受けた者でないと鍼灸師の国家試験の受験資格が与えられません。
言い換えれば、養成施設に通うことなく自学自習とか通信教育だけで資格を得るような方法はないということです。
もしそのような手段があると言っているケースがあれば、それは詐欺ですから注意してください。
養成施設とは、大きく分けると大学と専門学校になります。
ですので専門学校以外の手はあるのかと問われた場合には、あるというのが答えになり、その中身は大学となるわけです。
もちろんどんな大学でもよいわけではありません。
鍼灸師の養成を目指している学部や学科のある大学となり、全国的にも数は限られていますので注意しましょう。
一般論として専門学校ではそれに特化したカリキュラムになっていますが、大学の場合は一般教養などの学びも得られることが違いとして挙げられます。

鍼灸師の専門学校は社会人でも通えるの?

鍼灸師の専門学校は社会人でも通えるのかということですが、答えは可能です。
鍼灸師専門学校の入学資格は、基本的には高等学校を卒業した者となっていますので、大卒者はもちろんのこと、高卒であっても問題はありません。
ただし中卒で社会に出た人はこの条件に当てはまりませんので受験できないことになります。
この場合は例えば夜間過程に通うなどして高卒資格を得ることが先決です。
なお、受験資格があるかという話と、社会人としてフルタイムの仕事をしながら学校に通えるかという話とは別ですのでその点は注意してください。
仕事にもいろいろありますので絶対に無理とは言いませんし実際に両立させている人もいくらでもいますが、フルタイムの仕事を持ちながら学校に通って鍼灸師の資格を取るのは相当の覚悟が必要です。
少なくとも、日中の授業ではなく夜間部のある学校を選ぶことが第一となるでしょうし、時間管理など自分をしっかりと律することができるのは最低条件です。

鍼灸師の専門学校の平均的な学費はどれくらい?

鍼灸師になるためには、はり師ときゅう師という2種類の国家資格を取得する必要がありますが、これらの資格試験は3年制もしくは4年制の養成学校を卒業していなければ受けることができません。
そのため、鍼灸師として働くためには、その養成カリキュラムが提供されている専門学校や大学に通う必要があります。
鍼灸師の養成学校は全国に100校程度あり、そのほとんどは専門学校となっています。
学費については学校によって異なるものの、年間で120~150万円ほどかかるのが一般的です。
また、初年度は入学金も発生しますが、入学金は30~70万円ほどが目安なので、初年度に関しては150~220万円ほどかかります。
したがって、3年間のトータルでは390~520万円ほどかかることになります。
なお、鍼灸師の養成学校には本科と専科の2種類の学科があります。
これらの違いは、あんまマッサージ指圧師の国家資格を取得できるかで、本科を卒業すれば受験資格を得ることが可能です。
本科は専科よりも履修科目が多いので、学費が高い傾向があります。

専門学校を卒業した鍼灸師としていない鍼灸師に違いはあるの?

専門学校を卒業した鍼灸師としていない人に違いはあるに決まっていると誰でもある程度想像はできますが、実際にもそのとおりです。
そもそも鍼灸師は国家資格であり、資格を得るためには国家試験を受験して合格しなければなりません。
ここで、合格できるスキルがあるかどうか以前の問題として、鍼灸に関する所定の学校を卒業していない者は国家試験の受験資格が与えられないことになっています。
所定の学校とは専門学校だけではなく大学も含まれますが、いずれにしても鍼灸に係る特定の学校卒業者でない限りは資格試験を受けることができないのですから、自称は別ですが鍼灸師にはなれないということになります。
この点は十分に気を付けておいてください。
自称であってもスキル的には十分有しているという人も確かにいるのかもしれませんが、それは国が公的に認めたものではないわけです。
なお、誤解してはいけませんが卒業者だからと言って自動的に資格が与えられるわけではなく、資格試験不合格であれば当然なることはできません。

鍼灸師の専門学校に通うことのメリットとは?

鍼灸を用いて痛み幅広い疾患の治療をする鍼灸師になりたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
鍼灸はさまざまなところで幅広い世代の人たちに求められているので、鍼灸のプロになると人の為になる仕事をすることができます。
鍼灸師になるには専門学校に通って学ぶのも1つの方法です。
学校では、鍼や灸の実技から東洋医学について、さらに解剖学などまで学ぶことができます。
大学の場合には一般教養も学ばなくてはなりませんが、鍼灸に関することを専門的に学ぶことができるのは専門学校のメリットです。
また鍼灸師になるためには国家資格を取得する必要がありますが、国家試験を受けるためにはまず鍼灸師の養成学校を卒業する必要があります。
指定の専門学校に通って卒業すると、受験資格が与えられるので鍼灸のプロを目指すのに適している教育機関といえます。
専門学校で学ぶメリットは、なんといっても大学に進んだよりも早く社会に出ることができることです。

鍼灸師の専門学校にはデメリットもある

鍼灸師の専門学校にはデメリットもあるというのはやや強引な感じもしますが、突き詰めれば確かに嘘ではありません。
そもそも鍼灸師の専門学校に通うことにした以上は、目的は国家試験に合格して資格を得ることにあると考えるのが妥当です。
この目的を持っている以上は、専門学校は非常に適した場所ということができ、目的達成に向けて万全のサポートをしてくれるところであるのは間違いありません。
つまりこの場合は基本的にメリットのみとなるのですが、人間誰しも当初持っていた目的が将来も常に変わらないとは限らないわけです。
専門学校は、その名前のとおり当該目的に向けて専門化したカリキュラムになっていますので、種々の事情により目的自体が変わってしまったような場合には何の利点もないというか、時間とお金の無駄という意味でデメリットとなってしまいます。
これが例えば一般の大学であれば、自分の希望に合わせて授業を選択するといったように多少の方向転換もできますが、専門学校ではそれが困難です。

鍼灸師の専門学校のよくあるトラブル

鍼灸師になるには専門的な勉強をしないといけませんから、専門学校に通う人も多いです。
実技や知識を得ることができますから、勉強をすることで国家試験にもスムーズに受かる可能性が高いと考えられます。
鍼灸師になるために専門学校に通うとトラブルに巻き込まれることもあり、よくある内容としては学費が高いという点です。
鍼灸師の専門学校も他の学校と同じように通うには学費を負担しないといけませんが、実技などが授業に入っている分だけ高額な学費を請求されることがあります。
事前に相談をしたときに、料金設定については把握をすることができますから、よく話を聞いておけば未然に防ぐことができます。
鍼灸師は関わるスキルは専門学校で学ぶことができますが、国家試験に合格しないと実際に働くことはできないので、試験の対策ができる場所を選ばないといけません。
試験に対するサポートが充実していない所を利用すると、不合格になってトラブルになることもあるので注意が必要です。

鍼灸師の専門学校の卒業後の進路はどうなっているの?

鍼灸師の専門学校を卒業したあとの進路としてしては、鍼灸院だけでなく医療機関や介護施設、スポーツや美容の分野など様々なものが考えられます。
近年では病院に東洋医学外来を受診科目とする場合もあり、鍼灸師を受け入れる場が増えています。
また、高齢化社会を迎える日本では、介護や福祉の現場での鍼灸への需要が高まっているのが特徴です。
健康維持に加え衰えた身体機能の回復が期待されています。
スポーツ分野では、怪我を未然に防ぐための予防や、傷からの回復、コンディショニング調整など幅広いケアを行うトレーナーとなることができます。
すでにエステなど美容に関係する仕事に就いていた生徒であれば、美容鍼を学びよりスキルアップして現場に戻っていく方も少なくありません。
社会人経験があり、資金や人脈などの余裕がある場合は、そのまま独立開業を行うことも可能です。
訪問中心の仕事を行えば、最初から院を用意する必要がなく、比較的少ない負担で開業できるのが強みと言えます。

鍼灸師の専門学校は何歳から通えるの?

鍼灸師の専門学校ですが、直接的な年齢制限というよりは学歴に基づくものであり、高等学校を卒業している人にのみ入学資格があります。
年齢で言えば18歳以上ということになるわけですが、単に歳だけが問題となるわけではないことに注意してください。
たとえ30歳であっても中卒者であれば鍼灸師の専門学校に通うことはできません。
なお、専門学校と似たような名称に専修学校というものがあります。
これは何かの資格取得を目指す人のための学校であることは同じですが、専門学校とは異なり中卒者であっても入学資格があるものを指しており、世の中に数ある国家資格の中には専修学校で学ぶことによって目指せるものも存在しています。
ですが、鍼灸師に関してはこれは当てはまりません。
専門学校あるいは大学において鍼灸に関する所定のカリキュラムを修了することが、国家試験受験の資格要件となっていますので、どちらのケースでも基本的には18歳以上でなければならないということになります。

に関する情報サイト
鍼灸師を知ろう

当サイトは鍼灸師を目指す場合におすすめできる専門的に学べて、鍼灸のプロを目指せる専門学校に関する情報を初心者にも分かりやすく解説しています。これから鍼灸を学べる教育機関を選ぼうと考えているのなら、ぜひ参考にしてみてください。鍼灸を学べる学校で教わることには、どのような内容があるのか知りたい人にもおすすめです。そして鍼灸の学校では実技指導もおこなわれているので将来は東洋医学で人を癒したい人に向いています。

Search