鍼灸師の専門学校で教わることって何?

鍼灸師の専門学校で教わることって何?

鍼灸師になるためには、はり師ときゅう師の二つの国家資格が必要です。
鍼灸師の専門学校を卒業すれば、受験資格が取得できます。
専門学校は3年制です。
1年次には医療の基礎力を養うために、東洋医学概論や経路経穴などの東洋医学と、解剖学や生理学といった西洋医学の両面から学びます。
さらに鍼や灸の実習を通して鍼灸師としての基礎を養うのです。
2年次になると病理学や臨床医学総論、臨床医学各論や東洋医学概論など、より専門的に東洋医学や現代医学を学びます。
治療に結び付く技術や判断力を養うのです。
鍼灸術を習得するための実習時間も増え、はりきゅう実技Ⅱのみならず週1回の臨床実習をおこなう学校もあります。
3年次は2年間の学習内容や東洋医学などに関する理解を深めるとともに、国家試験対策を本格的におこなう学年です。
国家試験対策講義や模擬試験、実技試験やはりきゅう実技Ⅲの授業が用意されています。
2年間で学んだことを活かしながら実習を繰り返します。

国家試験に合格することで得られる鍼灸師の資格

鍼灸師とは鍼師と灸師という2つの資格を持った者で、どちらも資格を得るには国家試験に合格しなければなりません。
試験を受けるには文部科学大臣が認定した学校や、厚生労働大臣又は都道府県知事が認定した養成施設で、3年以上必要な学科や単位を取得しなければならないのが条件です。
鍼師と灸師は共通の点が多く、そのため2つの資格を持った鍼灸師と呼ばれる人がほとんどで、このため養成施設や学校で学ぶ項目にも共通なものがたくさんあります。
どちらも体にあるツボを刺激して血行を良くしたり自然治癒力を高めるもので、試験にも同じ問いが存在します。
そのため共通の学習する項目は省略することができ、国家試験も省くことができます。
どちらか一つの資格を持っていると共通項目についての試験は受けなくてもいいことになっているので、このことからも2つの資格を持っている人がほとんどなのがわかります。
試験科目は解剖学や関係法規、医療の概論などで、鍼や灸の理論以外の共通のものは同時受験できます。

に関する情報サイト
鍼灸師を知ろう

当サイトは鍼灸師を目指す場合におすすめできる専門的に学べて、鍼灸のプロを目指せる専門学校に関する情報を初心者にも分かりやすく解説しています。これから鍼灸を学べる教育機関を選ぼうと考えているのなら、ぜひ参考にしてみてください。鍼灸を学べる学校で教わることには、どのような内容があるのか知りたい人にもおすすめです。そして鍼灸の学校では実技指導もおこなわれているので将来は東洋医学で人を癒したい人に向いています。

Search